お雛様のお出迎え♪

今年もお雛様がお出迎えをしてくれます。

昔ながらのお雛様ですが・・・皆様をお待ちしております。

京丹後市 夕日ヶ浦温泉 かにとふぐの宿 浜乃屋 0772-74-1118

丹後の帯でプチリメイク♪♪

『傷のあるのだけどいるかぁぁ』って、知り合いの方が

沢山【丹後の帯】を持ってきてくれました。

見習い中の息子(若旦那)と・・あぁぁでもない(^^) こうでもない(^^)などと、

ワイワイいいながらプチリメイクを致しました。

DSC_0326

京丹後 夕日ヶ浦温泉 松葉ガニ 浜乃屋 0772-74-1118

松葉ガニスタート🎶初競り

11月6日カニ🦀の解禁と共に活気づいて来ました🎶

是非‼️ここ夕日ケ浦へカニ🦀を食べにお越し下さい。

京丹後市  夕日ヶ浦  松葉ガニ  浜乃屋  0772-74-1118

11月6日 ズワイガニ漁解禁!!

11月6日 ズワイガニ漁解禁。 今夜、丹後半島の間人(たいざ)漁港から、港に集まった大勢のまちの人達に見送られ、幼馴染みのキイちゃんやノブちゃんもそれぞれの船に乗り込んで、日帰り操業が基本の小型底曳網漁船5隻が、午後9時半、船団を組んで一斉に出港しました。 秋祭り総代役で一緒だった船団長のかいっちゃん、町民運動会事務局で補佐をしてくれたこばっちゃんも頑張ってね!明日は「間人ガニ」の初セリ!この田舎の小さな漁師まちが一番活気づく日。 でもその反面嬉しくも悲しい日…鮮魚店を営んでいた幼馴染みの親父さんの命日でもあります。3月半ばまでの今シーズンも、漁師さんが安全に「間人ガニ」漁が出来ることを祈っております。■京都府(底曳網漁業~ズワイガニ~) http://www.pref.kyoto.jp/kaiyo/kt-fishery-sokobiki.html■京都府漁業協同組合http://www.ktgyokyo.jf-net.ne.jp/■ご宿泊とお食事はhttp://yado.kyotango.gr.jp/area/area06/ 6日(火)はカニのセリ風景写真が、日本海側の皆さんから "鬼" のようにアップされる事でしょう(^^)

Manabu Nakaeさんの投稿 2018年11月5日月曜日

本日、11月6日!!松葉カニの解禁になります。

昨夜は間人漁港や柴山港など近海の漁港から、午後9時半、船団を組んで一斉に出港しました3月半ばまでの今シーズン松葉カニ漁が行われます。安全に事故のないよう皆が祈り、港に集まった大勢のまちの人達が見送りました。(動画は間人漁港の様子です)

是非、皆様のお越しをお待ち致しております。

今しか食べられないカニを堪能して下さい。

京丹後市 松葉ガニ 夕日ヶ浦 浜乃屋 0772-74-1118

夕日ヶ浦・浜詰海水浴場をご紹介!お子様連れにもお勧めです

冬の夕日ヶ浦と言えば松葉ガニですが、夏には海水浴で大賑わいとなります。

「夕日ヶ浦海水浴場」「浜詰海水浴場」「箱石浜海水浴場」「葛野浜海水浴場」と続く砂浜は、全長8kmにも及ぶロングビーチです。

今回は、その内当旅館に近い夕日ヶ浦海水浴場、浜詰海水浴場について、その魅力をご紹介します。

遠浅の海は、お子様連れでも安心!

二つの海水浴場に共通するのは、遠浅の海であるということ。

広い範囲にわたって浅めの海が続くことから、お子様連れの方が多いのが特徴です。

また、澄んだ綺麗な水も特徴的で、海中の魚を観察することも出来ます。

浜詰海水浴場ではバーベキュー、夕日ヶ浦海水浴場では磯遊びがお楽しみいただけますから、お子様も大満足間違いなしです。

駐車場、シャワーや更衣室、トイレ等の必要な設備は完備されていますのでご安心ください。

7月の初め頃や8月の後半は人も少なめで、天気が良い日には、まるでプライベートビーチのように解放感いっぱいな気持ちの良い時間をお過ごしいただけることでしょう。

「日本の夕陽百選」に選ばれた、日本海へと沈む夕日

夕日ヶ浦の名前の由来にもなった日本海へと沈む夕日は、言葉では言い表せないほどの美しさです。

この夕日を眺めれば、海水浴の疲れも忘れてしまうことでしょう。

海に映った夕日や半島の影によるコントラストは、まるで一枚の絵画のように感じられます。

海岸沿いにはこの夕日を眺めながら温泉に入れるお宿が立ち並びますので、夕日ヶ浦での一泊もご検討してみてはいかがでしょうか。

若者に大人気!SUPを体験してみませんか?

夕日ヶ浦海岸では、若者に人気なマリンスポーツである、SUPを体験することができます。

京丹後135°EAST

https://kyotango135east.com/

SUPとは、スタンドアップパドルボードの略称で、大きめのサーフボードのような板の上に立ち、パドル(櫂)によって移動するというもので、ハワイが発祥です。

海を立った視点から眺めるというのは中々得難い経験で、とても気持ちが良いものです。

お子様との二人乗りも可能とのことなので、ご家族でも安心して参加できるでしょう。

夕日ヶ浦の美しい夕日を眺めながらSUPを楽しむというプランもあるようです。

海水浴の後は、浜乃屋で海の幸をお楽しみください。

浜乃屋は、「浜乃屋」と「小宿はまのや」の二つのお宿で皆様をお待ちしております。

「浜乃屋」は、海まで徒歩数歩というオーシャンフロントのお宿です。
当館自慢の露天風呂から、日本海へと沈む夕日を存分にお楽しみください。

「小宿はまのや」は、海まで徒歩2分、外湯「花ゆうみ」まで徒歩9分という立地で、アットホームな雰囲気でお過ごしいただけます。

地物の食材に拘った料理が当旅館の自慢です。
近海でとられた海の幸をお召し上がりいただけます。

お米は京丹後産特Aコシヒカリ、お醤油は地元の老舗醤油屋「板長醤油」、卵は丹波の養鶏所から新鮮なものを仕入れております。

お客様それぞれの事情や要望には出来る限りご対応させていただいておりますので、まずはご連絡ください。

一人ひとりとの出会いを大切にし、心からくつろいでいただける、ぬくもりのあるお宿、それが「浜乃屋」「小宿はまのや」です 。

 

浜乃屋の宿泊プランはこちら

京丹後・夕日ヶ浦周辺の観光施設をご紹介

今回は、当旅館の周辺に位置する観光施設についてご紹介します。

夕日ヶ浦の海

やはり、夕日ヶ浦の魅力はなんといっても海にあるでしょう。

遠浅のロングビーチは海水浴場となっており、夏は観光客で大賑わいです。

海に沈む夕日は「日本の夕日百選」にも選ばれる美しさですから、一度はご覧ください。

花ゆうみ

花ゆうみは、入浴・レストラン・グランドゴルフが楽しめる、日帰りの温泉施設です。

9,600坪という広大な敷地を持ち、広々とした露天風呂からは美しい庭園を眺めることができます。

グランドゴルフ場は全40ホールの本格的なものとなっていますから、団体の親睦会場として利用するのも良いでしょう。

周辺に宿泊の際の外湯としても人気がありますので、ご活用ください。

HP: http://hanayuumi.com/

Farmおかよし

Farmおかよしは、イチゴ摘み体験のできる農園です。

栽培されているのは章姫というイチゴで、大きめの実と甘味の強さが特徴です。

食べ放題プランは小学生未満無料ですから、ご家族でお楽しみください。

HP: http://farmokayosi.com/

酪ママ工房

酪ママ工房は、厳選された食材を使用したジェラートが人気のお店です。

ジェラートは後味さっぱりで、いくらでも食べたくなってしまいますのでご注意を。

フレッシュで美味しいソフトクリームや、大理石の上で練り上げていただくストーンジェラートなどもオススメです。

HP: http://www.rakumamakobo.com/

京丹後135°EAST

京丹後135°EASTでは、若い方に人気のSUP(スタンドアップパドルボード)の体験サービスを行っています。

お子様との二人乗りも可能とのことなので、ご家族でも安心して参加できるでしょう。

海の上に立つというちょっと違った視点から、夕日ヶ浦の美しい海をご堪能ください。

夕日を眺めながらSUPを楽しむというプランもあるようです。

HP: https://kyotango135east.com/

丹後王国「食のみやこ」

丹後王国「食のみやこ」では、西日本最大級の道の駅として、京丹後の様々な食材を味わうことができます。

また、アトラクションも豊富で、アスレチックやゴーカートなど、楽しく遊べるテーマパークとしても利用できます。

道の駅ですから、お土産も豊富です。夕日ヶ浦からお帰りの際には、足を運んでみてください。

HP: https://tango-kingdom.com/

豪商 稲葉本家

稲葉本家は、江戸時代の交易によって豪商となりました。

日本庭園や巨大な母屋など、その経済力が伺えると共に、古き良き和の良さをみることができます。

地域振興に尽力してきた稲葉本家は、現在ではお食事や陶芸・お香作りの体験ができる施設として維持されています。

着物での前撮りといった利用も可能です。

HP: http://www.inabahonke.com/

 

夕日ヶ浦には、これらの施設はもちろん他にも魅力的な場所がたくさんありますから、是非一度お越しください。
きっとこちらには書ききれなかった良さを見つけていただけることでしょう。

その際には、当旅館「浜乃屋」をご利用いただければ幸いです。
松葉蟹をはじめとする海の幸をご賞味ください。

山陰海岸ジオパークで、自然に触れるひとときを

今回は、山陰地方の豊かな自然を体感できる、山陰海岸ジオパークについてご紹介します。

「ジオパーク」を知っていますか?

ジオパークとは、

  1. 地球、土地を意味する「ジオ」
  2. 公園を意味する「パーク」

の2つから成る言葉で、日本ジオパークネットワークでは、「大地の公園」という呼び方をすることもあります。

 

国立公園に近いイメージを持っていただければ良いと思いますが、ジオパークには、以下のような定義があります。

  • 地域の地史や地質現象がよくわかる地質遺産を多数含むだけでなく、考古学的・生態学的もしくは文化的な価値のあるサイトも含む、明瞭に境界を定められた地域である。
  • 公的機関・地域社会ならびに民間団体によるしっかりした運営組織と運営・財政計画を持つ。
  • ジオツーリズムなどを通じて、地域の持続可能な社会・経済発展を育成する。
  • 博物館、自然観察路、ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育・普及活動を行う。
  • それぞれの地域の伝統と法に基づき地質遺産を確実に保護する。
  • 世界的ネットワークの一員として、相互に情報交換を行い、会議に参加し、ネットワークを積極的に活性化させる。

引用:日本ジオパーク委員会 ジオパークとは

日本ジオパーク委員会が認定する「日本ジオパーク」と、世界遺産の認定も行っているユネスコが定める「世界ジオパーク」がありますが、山陰海岸ジオパークは、そのどちらにも認定されています。

 

山陰海岸ジオパークの特徴

山陰海岸ジオパークの特徴は、なんと言ってもその名にもなっている多彩な海岸地形でしょう。

山陰の日本海沿岸では、複雑な海岸線を示すリアス式海岸や有名な鳥取砂丘など様々な地形を見ることが出来ます。

また、山陰沖は漁業に非常に適しており、多くの漁港が所在しています。

複雑な海岸ゆえに魚介類が住みやすい環境が生まれ、漁業が盛んとなるという歴史からは、地形が地域性を生み出すことを実感出来るのではないでしょうか。

豊富な海の幸の中でも、山陰のズワイガニは松葉ガニとしてブランド化され、山陰海岸ジオパークを回る旅の大きな魅力となっています。

各地を回った後は、温泉がお楽しみいただけます。

山陰海岸の形成には火山活動が深く関わっているとされ、それに伴い温泉も広い範囲に分布しています。

旅の疲れを癒やすと共に、土地と人との結びつきを感じてください。

 

見どころ(ジオサイト)

ジオパークを管理する上で、観光などにおいて見どころとなる名所はジオサイトとして指定されます。

これにより、観光客に対してアピールポイントを明確化すると同時に、その地域の人々がその光景を守っていくことの動機付けともなっています。

山陰海岸には魅力的なジオサイトが多数ありますが、ここではその一部をご紹介します。

玄武洞

兵庫県豊岡市赤石に位置するジオサイトです。

かつて噴火で吹き出したマグマが冷え固まったことによって岩となり、長い時の中で崖となり、それを人が採掘に利用したことで洞窟となった地形です。

玄武岩で出来ているのですが、その玄武岩の名前の元になったのがこの玄武洞とのこと。

土地、歴史、人のどれが欠けても成立しなかった、そんな場所となっています。

鳥取砂丘

ご存知の方も多いかと思いますが、日本最大級の砂丘である鳥取砂丘も、山陰海岸ジオパークの一部です。

砂丘特有の動植物が生息しており、国内では特異な場所と言えるかもしれません。

砂漠の緑化研究に活用されるなど、学術的にも価値があるとして、保護活動が盛んに行われています。

 

京丹後の夕日

京都北部京丹後には、夕日ヶ浦という地域があります。

その名の由来となった海に沈む夕日は、山陰地方の持つ複雑な地形と相まって、とても魅力的な光景を演出してくれます。

ジオサイトを巡る旅の終着点として、心暖まる時をお過ごしいただけるのではないでしょうか。

まとめ

「ジオパーク」というものを知らなかった方に、その魅力を少しでもお伝えすることは出来ましたでしょうか。

その土地の自然や文化を楽しみながら、歴史に思いを馳せる。

そんな旅はいかがでしょうか。

日本海について

旅館浜乃屋の特徴である、「日本海に沈む夕日」や「その日に採れた海の幸」、浜詰海岸でのマリンスポーツなどなど、浜乃屋にとって「日本海」は切っても切れない関係にあります。今回は、この「日本海」について考えていきたいと思います。

日本海の海の幸はなぜ豊富なの?

日本海に流れ込む唯一の海流は対馬海流です。これはその名前の通り、対馬海峡から日本海へ流れ込んでいる暖流で、約2ヵ月かけて日本海を北上して太平洋へと流れだしていきます。この北上してきた対馬海流は日本海の北側で冷却され、アムール川から流れてきた淡水と交わりリマン寒流として日本海をユーラシア大陸沿いに南下していきます。暖流にそって北上するマイワシ、ブリ、ハタハタなどの魚が寒流中の豊富なプランクトンにより繁殖することにより、日本海に豊富な水産資源を生み出しています。

日本海は太平洋に比べて潮の満ち引きが少ない???

太平洋側の地域にお住まいのお客様で、伊根町の舟屋などの海岸線ギリギリに建てられた家を見て、「潮の満ち引きの影響をうけないの?」と驚かれる方がおられます。確かに青森県の潮位を調べてみると、太平洋側の八戸では干満の差130センチに対し、日本海側の深浦では20センチしかなく日本海は干満の差が太平洋と比べて少ないです。この原因を調べてみると「日本海地理的な特徴」が浮かびあがってきます。
日本海の深さを調べてみると平均水深は1667mであるのに対して、隣接する海とのつなぎ目である4つの海峡の深さは間宮海峡が10m、宗谷海峡が50m、津軽海峡と対馬海峡が130mと非常に浅くなっているのがわかります。この出口が深い地形が原因で周囲の海に海水が流れ出したり、流れ込んだりするのに時間がかかるので周囲の海と比較して干満の差がゆるやかであるということが言えます。

世界の学者が注目する日本海!

実は日本海には世界中の海洋学者が注目しています。その理由として、日本海でおこっている、水の循環などの現象はその地理的な特徴から日本海だけで完結しており、それは世界中の海で起こっていることのミニチュア版となっており、かつその時間スケールも世界の海の10分1程度とされています。このことから、地球温暖化などによる引き起こされる変化は世界中の海に先駆けて日本海で発生すると予測されており、日本だけでなく世界中の海洋学者が日本海に熱い視線を注いています。

まとめ

今回は私たちの身近にある「日本海」について考えてみました。暖流と寒流の交わりによって得られる豊富な水産資源や、周囲の海との境目が非常に浅いことかによる干満の小ささ、そして、世界の海のミニチュア版であることから、地球の環境変化に対し、世界の海でおこることが日本海が先駆けて起こるので世界中の海洋学者が注目していることなど、調べれば調べるほど興味深いですね。日頃海に接する機会が少ない方は、旅館浜乃屋にお越しいただき、「海」を堪能していただけたらと思っています!

 

※ 参考図書
蒲生 俊敬著「日本海 その深層でおこっていること」
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062579575