山陰の冬の味覚、松葉ガニ! 特徴と美味しく食べる方法とは

11月~3月は、冬の味覚の王者とも呼ばれる松葉ガニのシーズンです。

京都北部、夕日ヶ浦温泉の旅館「浜乃屋」から、冬の日本海を代表する海の幸をご紹介します。

今回は、そんな冬の夕日ヶ浦の魅力をご紹介します。

松葉ガニの特徴

松葉ガニといえば、高級なブランドガニとしてご存知の方も多いでしょう。

他にも越前ガニ、加能ガニという名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

実はこれらのカニ、全て同じズワイガニのブランド名なのです。

同じズワイガニと言っても、産地や漁獲後の扱いによって質は大きく変わってきます。

ズワイガニだと買ってみたら、「身がスカスカで味もあまりしない」ということも・・・

その中で、限られた地域の良質なカニのみが、松葉ガニなどの名前を名乗ることを許されます。

皆様に安心しておいしいカニを食べていただくために、ブランド名を付けてカニを販売しているのです。

さて、松葉ガニですが、これは京都・兵庫・鳥取・島根の山陰地方で水揚げされた、雄のズワイガニのことです。

暖流と寒流が交わる山陰の海は、カニの餌となるプランクトンが豊富。

沢山の餌を食べって育った松葉ガニには、旨味たっぷりの身が詰まっています。

松葉ガニの中でも、柴山ガニ、津居山ガニ、間人ガニなど水揚げされる漁港によって違う呼び方をされることがあるため、少し混乱してしまうかもしれませんね。

ちなみに、メスの場合はセコガニ、コッペガニなど、これまた違った呼び方をされます。

松葉ガニのおいしい食べ方

松葉ガニは、ズワイガニの中でも、甘みがはっきりと現れ、引き締まった身が詰まっていると言われています。

また、カニ味噌も非常に濃厚で美味しくいただけます。

カニの食べ方というと、茹でる、焼く、しゃぶしゃぶ、鍋、そのままお刺身でというのが挙げられるでしょうか。

もちろんどの食べ方でも美味しいのですが、より美味しく食べるためのポイントとして、松葉ガニ本来の味を活かして調理することが重要です。

たとえばタラバガニであれば、身にボリュームがある一方、味は淡白という特徴から、しっかり味をつけて調理することで、美味しくいただけることでしょう。

対して、松葉ガニを始めとするズワイガニは繊細な甘みが特徴ですから、味付けを控えめにすることで、より旨味を味わうことが出来ます。

鍋にする時も、カニから味を出すように調理することで、締めの雑炊まで楽しめる美味しい鍋になります。

ご自宅で色々な調理法を楽しむというのは中々難しいのではないでしょうか。

当旅館では、【カニ刺身】【湯ガニ】【焼きガニ】【甲羅焼】【カニみそ】【カニ天ぷら】【カニスキ】【かに雑炊】を一度に味わえるプランをご用意しています。

浜乃屋のご紹介

浜乃屋は、「浜乃屋」と「小宿はまのや」の二つのお宿で皆様をお待ちしております。

「浜乃屋」は、海まで徒歩数歩というオーシャンフロントのお宿です。
当館自慢の露天風呂から、日本海へと沈む夕日を存分にお楽しみください。

 

「小宿はまのや」は、海まで徒歩2分、外湯「花ゆうみ」まで徒歩9分という立地で、アットホームな雰囲気でお過ごしいただけます。

地物の食材に拘った料理が当旅館の自慢です。
近海でとられた海の幸をお召し上がりいただけます。

お米は京丹後産特Aコシヒカリ、お醤油は地元の老舗醤油屋「板長醤油」、卵は丹波の養鶏所から新鮮なものを仕入れております。

お客様それぞれの事情や要望には出来る限りご対応させていただいておりますので、まずはご連絡ください。

一人ひとりとの出会いを大切にし、心からくつろいでいただける、ぬくもりのあるお宿、それが「浜乃屋」「小宿はまのや」です 。

 

浜乃屋の宿泊プランについてはこちら